第12話:「キャリア」に出会う

私は「キャリア・コンサルティング協議会」に登録しているのですが、会員は「e-Program」という動画配信サービスが利用できます。

キャリア系のセミナーや勉強会は都心部で開催が多く、田舎住まいな私にはハードルが高い(涙)

専門性の高いセミナーは当然受講料も高く、さらに交通費も上乗せされるので、何を受講するかかなり吟味します。

そんな中、ええセミナーをインターネットを通じて受講できるのはありがたいことやなあと思います。

 

その中の 「CC Cafe」という、技能士会員がテーマを決めてディスカッションするというのがあって、その一部が配信されています。

その動画を視聴した中で、参加者の方が「私は自分のキャリアに出会った」という表現をされました。

私もその言葉を聞いて、自分がキャリアカウンセリングに関わるようになったというより、出会ったというイメージの方がしっくりくるかな、と思いました。

 

「キャリア」という言葉に「生涯」「経歴」「生業」という意味があると先の記事で触れましたが、さらに「天職」という言葉もあてはまるかも知れません。

 

「天職」の意味を調べてみると、一番最初にこう紹介されています

「天から授かった職業。また、その人の天性に最も合った職業。」

要は自分らしさを活かして活躍できる仕事、といったところでしょうか。「ああ、これだ!」って感じる仕事

 

若いころはキャリアカウンセリングを仕事にするとは想像もつかなかったのですが、今の立ち位置で振り返ると道しるべはあったのかな、と思います。

 

・・・つづく。