第27話:私にとって「転機」になったひと言(後)

2012年秋から始まった「夢カフェ」という活動があります。

キャリアカウンセラー(CDA)が集まってワールドカフェ形式で「CDAを取得したきっかけ・いま・これから」を語り合う場なのですが。

2012年にファシリテーターに認定されて現在まで活動を続けてきています。

また「夢カフェ」の場で語られた事からカタチになったものもいくつかあります。

 

で、カタチになったものの一つに「学生×社会人カフェ」という企画をやってみました。

学生さんの協力者数名と、滋賀県の経営者さんで協力していただいた方と、CDA有志の協力者数名でワールドカフェやったんですね。

今思えばよくやれたなと思うんですが、当時はイキオイだけでカタチにしたと思います。

振り返っても反省することいっぱいですが、得たものもたくさんありました。

 

で、この企画最大のサプライズは、今や全国区で中小企業経営者の間で知られている、近江八幡のリフォーム会社「ジェイジェイエフ」志村保秀社長が参加くださった事でしょう。

きっかけは顔見知りの社長さんに片っ端からアポとって断れて続けていた中「一度詳しく話してほしい」とお返事いただき。

本社ショールームまで出向いて行って説明させてもらって「その日空いてるから」と快諾いただいたのです。

 

この時に(たぶん)お仕事も忙しいし、海外に行くスケジュールもあるのに協力していただき恐縮です、みたいな事しゃべったんでしょうねえ。そのお返事に

 

「野口さん、行こうと思えばどこでも行けるし、やろうと思えば何でもやれるんやで」

 

とおっしゃったんですね。

 

それを聞いて「ああ、そうか。行くのも行かないのも自分が選んでるんだ。やるのもやらないのも自分が選んでるんだ。」とストンと心の中に落ちたんですよね。逆に言えば、私がやる企画に来てくれた人は選んで来てくれたんだ、私に協力してくれる人は選んで力になってくれているんだ、と思うと感無量な気持ちになりました。

 

この時がきっかけで「思いついたことはカタチにしてみよう」「悩むくらいなら動いてみよう」「自分に出来そうなことを探そう」というスタンスになりました。まだまだ修業が足りませんけどね。

 

その後も志村さんにはお世話になってばかりで、恩返しせねばなあと思い続けています。今は情報発信の協力くらいしか出来ていませんが。

ちなみにこの日小一時間いたのですが、企画説明やらは一瞬で終わって、懐かしの80年代洋楽ロックシーンの話題で盛り上がってしゃべっておりました(笑)。何しに行ったんだか。

 

・・・つづく。