第28話:キャリア・プランニング・プロセス

前回までは理論をベースに自分の例を挙げて解説する、といった内容で進んできました。

キャリアカウンセリングの概要や、取っ掛かりにどんなことをするのかイメージ出来ましたでしょうか?

それでも「具体的にどういった流れで支援していくの?」と疑問を感じる方も多いでしょうねえ(汗)

どうやったら伝えられるか悶々と考えていたら、とある経営コンサルタントの方の本にこーゆー記載がありました。

 

◆コンサルティングの基本となる7つのステップ

①目的を決める

②目標を決める

③現状を分析する

④目標と現状のギャップを見つける(問題発見)

⑤経営上の問題に優先順位をつける

⑥改善策を実施、検証する

⑦継続して数字を管理する

 

確かにこのフローはわかりやすい。途中で行き詰ったらどこからやり直したらいいかも見通しがつきますね。

「そうやん!キャリア支援にもキャリア・プランニング・プロセスがあるやん!」と。

キャリア・プランニング・プロセス、キャリア形成を考える際の論理的モデルがあるのです。

経営コンサルティングの7つのステップ同様の見通しが立てられます。

 

◆キャリア・プランニング・プロセスの7つのステップ

①意思決定の必要性の自覚

②自己の再評価

③職業・仕事の特定

④選択肢に関する情報収集

⑤仮決定

⑥教育・訓練

⑦就職・異動

 

次回からはこの2つを比較しながら話していきますね。

 

・・・つづく。