第36話:『経験代謝』って何だろう?(前)

私が所属するJCDA(日本キャリア開発協会)では、キャリアカウンセリングのメカニズムとして「経験代謝」というものを学びます。

しかし・・・この「経験代謝」、私がCDA資格を取得した時のカリキュラムにはありませんでした(汗)

当時のテキストはキャリアカウンセリング理論としてはスーパーの理論、ホランドの理論、クルンボルツの理論をメインで学びました。

あれから9年経ちましたが、さらにシャインの「キャリア・アンカー」とサビカスの「社会構成主義」が加わりました。そして対人支援に「ナラティブ」が注目されてまいりました。

 

さて「経験代謝」。これがまた悩ましい・・・。

理事長先生は「キャリアカウンセリングのメカニズム」とゆってはりますが、私はしばらく「???」状態で過ごしてまいりました。

年月が経ち、4年前に「夢カフェ」に関わるようになり、今年に入って、あるきっかけで「なるほど!こんな感じになるんや!」と思った出来事があり、イメージとして「経験代謝」をぼんやり理解できてきてかなと感じています。ぼんやりなのでまだ上手く説明できません;;

 

ちなみに「メカニズム」の言葉の意味を調べてみました。

1.機械仕掛け。装置。メカ。

2.機構。仕組み。メカ。

3.哲学で、機械論。

(goo辞書より)

察するに「経験代謝」はキャリアカウンセリングを行っている際の相談者の心の動きの仕組みをあらわしているようです。

 

・・・つづく。