第41話:JCDA経験代謝ピア・トレーニング(後)

前回「安心安全な場づくり」という話をしましたが。

私にとって「ピア・トレーニング」とは、仲間と共に行うスーパービジョンのようなものかも知れないなと思う時があります。

 

スーパービジョンとは何か~~と言えば、こんな紹介文がありました。

 

スーパービジョン(super vision)とは、スーパーバイザー(指導する者)とスーパーバイジー(指導を受ける者)との関係間における対人援助法で、対人援助職者が常に専門家としての資質の向上を目指すための教育方法である。

 

ホンマは指導者からアドバイスを受けるものなのですが、「業務上出来ていることと出来ていないことへの気づき、今後の取り組みへの励まし」という点は「ピア・トレーニング」で経験積むことが出来ると考えます。

 

特にJCDAのピア・トレーニングは途中オブザーバーのディスカッションが入るので、ロールプレイング中の変化が肌で感じられる点が大きいですね。

もしかしたらキャリアカウンセラーの自己研鑽以上に、自身の人間力を見つめなおす時間になっているのかも知れません。

・・・つづく。