第46話:人生の棚卸し

前回は働く人の振り返りや棚卸しにジョブ・カードを活用しましょう、という話をしてきましたが。

誰もが子どもの頃から働くまでの道のりや、一定の年齢に達して働くことからリタイヤした後も人生は続いていきます。

そーゆー「人生」そのものに敬意を払い、思いを言葉にして綴っていく。自分の人生を語る

そんな人生の足跡を「自分史」として残す活動にも関心がある私です。

 

人は誰でもそれなりに山あり谷ありの道のりを歩んできているのですが。

「いま」から過去を振り返り、「いま」を生きる自分がその時の経験を咀嚼し、意味づけし、理解する。

時代のスピードが速まる時代だからこそ、そうやって自分の人生を自分なりに納得して生きることが難しいのかなあと。

 

自分にとってキャリアカウンセリングに何を組み合わせるのかというのをずっと考えてきました。

そして、「自分の人生を語りなおす」機会を作りたい。その思いから「自分史」に関わりたいなあと考えています。

自分史サロンとかやれるとええなあ~。

 

・・・つづく。