第51話:アセスメントを使ってみよう(VRTカード編)

私は現在、大学で学生さんたちの就職相談の仕事をしています。

就活は春に企業説明会が解禁、初夏に選考活動が解禁というスケジュールとなってますが、それに備えて前年の秋から準備しておいてほしいものです。

勤務先の大学でも、10月の後期授業が始まると同時に3年生、M1生対象の就活準備セミナーが始まります。

 

そーゆーセミナーに参加する学生さんは、将来の事を普段から考えていて、なおかつ具体的なイメージがわかない、といって相談に訪れます。

こーゆー時によく活用するのが「VRTカード」です。

 

「VRTカード」とは、心理検査「職業レディネス・テスト」ちゅーのがあるんですが、やろとしたら時間も取るし、採点の手間もかかるので、簡単にクライエントの職業への興味や取り組むスタンスを調べてみようというもの。

54枚のカードを使って、書いてある仕事の内容を直感的に仕訳していき、その結果に基づいてカウンセリングしていくというものです。

本来は中学生・高校生向けらしいんですが、私は大学生にええツールかもなあと思っています。

 

なんといっても「楽しく取り組める」のがミソ。

カードなので「その時の気分」で、日を変えてやったら違う結果になることもありますが、「仕事を考える」いいきっかけになると感じます。

私はカードの結果を使ってカウンセリングをしていきます。なかなか興味深いですよ。よかったらお声かけいただけると体験できますよ。

 

・・・つづく。