第52話:アセスメントを使ってみよう(REASECカード編)

「VRTカード」は、「仕事」について学生さんと一緒に考えるのに適したツールと思うのですが、それだけではちょっと物足らない。

で、他にカードで使えるものはないかと思い、購入したのが「REASECカード」です。

「REASEC」とはホランド理論、「働く人のパーソナリティを6つに分類した」名称の頭文字から取ったもの。

「VRTカード」はホランド理論に基づいて作られています。

ですが、「REASECカード」は、開発・販売してる会社がホランドにちなんで「リアセック」という名前で、そこから採ったものと思われます。

 

このカードは3種類あります。

働く目的を考える「WORK VALUE」

人生の価値観を振り返る「LIFE TIME VALUE」

自分の強みを知る「MY STRENGTH」

 

私は学生支援の現場ではもっぱら「MY STRENGTH」を使っています。

もともと「社会人基礎力」の視点から「強み」を掘り起こすような仕組みになっていて、カラータイプのテイストもあるような。

なのでとっつきやすいんですね。

後の2種類は「質問力」「傾聴力」を磨かないとあかんかもなーと感じます。

でも30~40代の人には「LIFE TIME VALUE」が使えるようにも思うな。

 

・・・つづく。