第65話:Read For Action読書会(前)

キャリアカウンセラー活動している人、講師業している人にとっては「ワークショップ」って身近な手法に思いがちなのですが。

世間の方々に「ワークショップ」と言うと、ホビーやクラフトの制作体験だと認識されます。

 

かつて公的機関の貸館を利用した時に、受付の職員さんに「ワークショップをやる」と伝えたところ・・・。

「搬入する材料費を徴収される場合は貸館代が変わりますよ」とか「材料によっては部屋の仕様によって利用できない場合がありますよ」とか言われたことがありました。

よくよく聞いてみると、アレンジフラワーのような趣味的な何かを短時間で作る体験会だと思ってはったようです。

都心部と地方の情報格差のようなものを感じた私。

 

なので、情報が入ってこない地域に住んでいる方にも参加したくなるようなワークショップを運営したいという気持ちが出てきました。

そこへ「Read For Action」という読書会ワークショップの存在を知るのです。

 

・・・つづく。