第68話:マインドマップを描いてみよう(前)

「思考法」ツールで注目をあつめているものに「マインドマップ」があります。

イギリスのトニー・ブザン氏が提唱し、日本では2006年からマインドマップを使った公認セミナーが開催され始めました。

 

以前からやり方などは本など読んで知っていたのですが、なかなか実践する機会がなくて。

たまたま自分史活用アドバイザー仲間の勉強会に行ったときにマインドマップを描いてみたのが最初です。

やってみて感じたのは「楽しい!」

マインドマップにはいろいろな約束事があって、それに乗っ取って描いていくものなのですが、一番大事なことは楽しむこととあります。

個人でもくもくと描いていくワークなのですが、最終的に「相手(人)に見せる」ことで感想や意見をもらう。

それも正誤ではなく、抽象的なワードで話されるような感じとなります。

 

一人で作業するけれど、みんなで描くのがいいなあと思うツールですね。

 

・・・つづく。