第71話:働く人と法律・労働基準法

「キャリア」と関係ある決まりごとといえば労働に関する法律。でも普段の生活では法律を意識することって少ないですよね。

なので、働く人と法律について調べてみました。

 

まずは一番軸になる「労働基準法」

世の中が農業から工業に移り変わっていった時に、工場で働く人の生活を守るために作られた法律です。

それ以前は1日十何時間労働とか、小学校に行かずに働く児童とか、環境の悪さから身体を壊す労働者が後を絶たなかったのです。

そう「あゞ野麦峠」「蟹工船」の世界ですね。

 

労働基準法に当てはまる労働者は、正社員だけでなく、パート・アルバイト、派遣社員、嘱託、短期雇用等、いろいろな働き方の人に適用されます。(国家公務員の一部等適用されない労働者もいます)

 

仕事をする上でのトラブル「こんな働き方でええの?」と疑問を感じた時に労働基準法の該当箇所を確認してみるといいのですが、専門家でないとなかなかその場所が見つけられません。

 

キャリアカウンセラーたるもの、ここをしっかり勉強せねばなりませんね(汗)

 

・・・つづく。