第83話:面接で気をつけておきたいこと②

下調べ等が終わり、面接での受け答えの準備もして、いよいよ面接当日。

ここまで来たら腹をくくって面談を受ける、と気持ちが切り替えられるといいんですが、実際は終日ドキドキが続きます。

 

会場に入るまでに気をつけておきたいのは「早すぎず遅すぎず」な時間に現地入りすること。

理想的なのは5分前くらいに到着できるとええですね。

遅刻は言語道断ですが、早すぎるのはダメなの?

速すぎても面接会場の設営ができていない、担当者の手が離せないなどの理由でかえって迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

あと、会場の敷地内に入ったら所作やマナーに気をつけること。

過去に守衛さんに応募者の印象をリサーチした、監視カメラで応募者が車を停めてからの行動を見ていた、という例もあります。

「まだ会社の人に出会ってないし」と気を抜かないように。

 

・・・つづく。