第86話:面接で気をつけておきたいこと⑤

面接官と呼吸を合わせるようにおじぎができると印象度UPします。

そのまま面接官の前に進んで、挨拶とおじぎ。その後に気をつけたいのが座り方です。

 

学生さんはキャリアセンターや就活セミナーで指導いただいたり、練習したりしているのですが、中途採用の応募の時は盲点になっています。

中堅企業以上の職場であると研修などで身につけていることもありますが、所作をあまり必要としない職場では忘れてしまうんですよね。

 

ポイントは「まっすぐ腰をおろす」「背もたれにもたれない」ということです。

せっかくの美しい立ち姿を面接の最後まで崩さず、なおかつロボットのようにカクカクした感じにならないこと。

面接官から見て、自然であり、美しいことを意識します。

 

やはり、ビデオ撮りなどして練習するのがいいかもですね。今はスマートフォンで撮影できますし、利用してみてくださいね。

・・・つづく。