第90話:ライフライン・チャートで自分を語る(中)

ライフラインチャートを使って「自分の人生を語る」と、いろいろな気づきを得られます。

 

誰かに自分の事を話すときに、ライフラインチャートを書いて、それを見せながら語ります。

この場合は、自分の人生で一番良かった経験をひとつ、一番苦しかった経験をひとつ、座標を取ります。

その2つの点を通るようにグラフを描きます。

もちろん語ることが前提なので、どうしても言いたくないことは書かなくてもいいです。

 

で、グラフを使って語るときは、マイナス経験→プラス経験を話します。

マイナス経験の時は、グラフが必ず右肩上がりに浮上していくので、なぜ抜け出せたのか。

プラス経験の場合は、プラスの点の手前の角度がゆるやかなのか、急なのかに目を向けて、なぜそうなったのかを語ります。

 

これだけでストーリー性のある自己紹介もできますし、自分の価値観なども見えてくるのではないでしょうか。

 

・・・つづく。