第92話:職業能力評価基準の使い道(前)

キャリアコンサルタントの国家資格化とともに、国策として企業内キャリア支援に焦点が当たり始めました。

そのツールとして注目されるようになったのが「ジョブ・カード」です。

カードといいながら複数のシートがひとまとめになったもので、働く人が節目ごとにキャリアコンサルティングを受けながら自己の棚卸をしていくものです。

 

自分のキャリア課題と、キャリアコンサルタントのアドバイス欄がある「様式1」

自分の働いた経歴を細かく記入する「様式2」

それを元に職業訓練を受けつつ、自分も企業側からも評価を記入できる「様式3」があります。

「様式3」は形式がいろいろあって、用途に合わせて使い分けます。

 

その評価項目の元になるのが「職業能力評価基準」なのです。

 

・・・つづく。