第98話:経営者とキャリアカウンセリング(中)

しかし。事業主の皆さんが直接キャリアコンサルタントとお話する機会って・・・持つことないよなあ(汗)。

経営コンサルタントが専門性を活かして定量的な生産性UPを目指して助言する。これやったら会ってみよかなと思わはるけど。

従業員のキャリアコンサルティングの導入って、事業主本人のことやないから話すことないしーとか言われそう。

 

でもね。

その会社を創業した社長さんやったら「なぜ事業を興そうと思ったのですか?」と当時の事を振り返る時間って必要やと思います。

その時の熱い想い将来の展望ビジョン「今」の視点から振り返る。

ブレてないのか、それとも変化したのか。変化したのであれば、何がきっかけで変化したのか。

そして「今」の時点から未来に向かってどうなっていきたいのか。会社はどうしていきたいのか。

この一番「軸」になるものをお聞きし、それを踏まえて従業員の皆さんに対して相談業務をするときっと変化すると思うのです。

 

そう想いは人を介しても伝わるのです。

 

そーゆー自分の一番軸となるものを確認するために、事業主の方もキャリアカウンセリングを受けてみるのはどうかなと思っています。

キャリアコンサルティングではなくてキャリアカウンセリング。助言ではなく、内省する時間を手伝うためにね。

 

・・・つづく。